ばぐだし

XNAとかで面白いもの作る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂ショックは起こるか

気になる記事があっていろいろ話題になってるので私も一言、自分の視点で意見を述べてみようと思います。具体的数値とか出していませんので、あくまで一個人の独断と偏見に基づく意見として見てもらえればいいかと思います。

絶好調に見える任天堂が警戒する「任天堂ショック」の可能性
ゲーム機が売れているのに、任天堂は徐々に危険な淵へとさしかかっている。おそらく、任天堂自身が、切実に、こう感じているはずだ。なぜなら、任天堂が、これまでに自ら指摘した問題がほとんど解決されないまま、ゲーム機の台数だけが積み上げられつつあるからだ。つまり、ユーザーを飽きさせずにつなぎ止めることに成功しないまま、ハイプ(誇大な盛り上がり現象)で台数がどんどん膨らんでいる。
 このまま進めば、最悪の場合は「アタリショック」ならぬ「任天堂ショック」現象が発生する可能性がある。絶好調だったゲーム機「Atari 2600」に対して、ユーザーが急速に関心を失い、拡大した市場が一気にしぼんだ'83年の事件が、Wii/ニンテンドーDSで再来するかもしれない。膨れあがったユーザーが、任天堂ゲーム機に飽きて、見向きもしなくなる時が来るかも知れない。

そもそもDSやWiiの新しいインターフェイスこそが閉塞状況にあったゲーム産業を活性化させたので、第2のアタリショックを防いだと言えるのですが、確かに任天堂の最近のソフト日照りなどで、この状況がこのまま続けば折角獲得した新規ユーザが飽きてしまうという懸念は生じます。
正直言って私の今の任天堂に対する印象そのままを語ってくれているので、「全面的に同意」で終わってもいいんですけど、グダグダと要点を確認しつつ意見を述べて行きたいと思います。

私はPSPが壊れてしまいましたが、それ以外のDSi、Wii、Xbox360、PS3は持っています。
稼働状況(%は稼働時間の印象)は以下の通り。

  • PS3:トロステーションで毎日起動(30%)
  • Xbox360:ネット対戦したいときに起動(20%)
  • Wii:マリオギャラクシー、またはバーチャルコンソールをしたいときに起動(20%)
  • DSi:リズム天国にはまってるので起動(30%)

なかなかバランスよく活躍しています。
小説にはまったりしてあまりゲームをしないときはPS3が100%になります。トロステーションだけは見るので。トロステーション効果絶大です。毎日電源を入れますからね。そのままPS3のソフトをしたりもするわけです。
Xbox360はFPSでネット対戦しますし、ソフトも沢山持ってますので、「よし!ゲームやるぞ!」って時はXbox360ですね。
PSPは壊れたのでやってませんが、モンハンは語るべくもなく、ゲーマー層が集まってきてソフトも元気ですよね。
DS、DSiに関しては、脳トレブームは落ち着いたものの、そこで得た新規ユーザはうまく他のゲームへ繋がっているんじゃないかな?という印象を受けます。ラインナップの多さが良い感じに働いてますね。懐古ユーザをセブンスドラゴンで、女性ユーザをわがままファッションで、といった具合に。


それでWii。先に言っておくと、Wiiの普及台数やソフトの販売数は他を圧倒しています。なので現状は問題ないんですが、この先どうなるの?ということについて述べたいと思います。
まず自分の視点から言うと、最近あまり欲しいソフトがないなぁと思います。まぁマリオギャラクシーを楽しんでいるので満足していますし、対戦モノのマリオカートやスマブラはかなり長い間遊べるんですけどね。にしても最近発売のソフトはGCの焼き直しばかりで元気がない印象は拭えません。しかしこれは棲み分けというか、ゲーマーからすれば任天堂のソフトはこれぐらいでちょうど良い気もします。任天堂の趣向を凝らして丁寧に作られたゲームは大好きですが、他の機種でもHDのゴージャスなゲームが沢山出ているので、あまり沢山出されても困るっちゃ困りますね。

...結果としてこの戦略は見事に成功し、任天堂はユーザー層を拡大することができた。しかし、マンマシンインターフェイスの改革によって、新規ユーザーを開拓することは第1ステップに過ぎない。ユーザーが継続してゲーム機で遊んでくれる基盤をしっかり作る必要がある。なぜなら、物珍しさに惹かれて来た、ゲームに慣れていない新規ユーザーは、そのままでは、すぐに飽きて離れてしまう可能性があるからだ。いったん離れたユーザーを、再びゲーム機に呼び戻すことは、新規にゲーム機に誘うより難しいだろう。

問題はWiiSportsやWiiFitから入った新規ユーザに、どうやって他のゲームをしてもらうか、飽きずに電源を入れてもらえるかってところです。
とりあえず次の起爆剤としてWiiSportsの続編、WiiSportsResortが6月発売予定ですね。CM次第でかなり売れると思います。続編ソフトを提供してユーザの期待に応えるのはとても大事です。
しかし根本的問題はそこで入ってきた新規ユーザがそれら以外のゲームに興味を示していないんじゃないの?ってことです。つまりFitとSportsに飽きちゃったら終わっちゃうのでは?ってことです。

任天堂では、Wiiのコンセプト段階で「毎日何かが新しい」ことと「家族の全てに楽しみを与える」ことを軸にしたと説明した。毎日、ゲーム機に触ってもらえるように、新しいものを提供する。簡単に言えば、TVのように家族全員が楽しめて、毎日何か新しいものが提供されるものにしようとした。そのために、誰にでもわかりやすい直観的なマンマシンインターフェイスがあり、邪魔にならない静音小型の24時間稼働ハードがあり、ユーザーにコンテンツを配信する Wiiチャンネルサービスがある。

このような「飽き」の問題は任天堂も始めから把握していて、上のようにWiiには「チャンネル」という仕組みがあります。ニュース、テレビ欄、占い、アンケート、ブラウザ、天気予報、ゲーム紹介など、いろいろなチャンネルがある中の一つとして、Wiiのゲームのチャンネルを置くという仕組みです。ゲーム以外のチャンネルは毎日更新されるものが多いので、ニュースなどチャンネルを開いた時をきっかけとしてゲームを遊んでもらおうという作戦です。ゲームで遊んでいなくても毎日起動していたらCMなどがきっかけで他のゲームも買ってみようという気にもなりますしね。
しかしネットに接続しないとチャンネルのダウンロードすらできないので、Wiiのネット接続率の拡大が望まれるわけです。てなわけでNTTと手を組んだり、お手伝いすると500ポイント進呈したりと色々とキャンペーンしているわけですね。結構うまくいっているみたいです。

ネットにさえ繋がれば、チャンネルのおかげでWiiはとても便利なリビングコンピュータになるわけです。しかし私個人としては「毎日電源を入れさせる作戦」が成功しているのはPS3なんですよね。Wiiのチャンネルはニュースにしてもソフト紹介にしても、パソコンで代用できてしまいますのですぐに利用しなくなってしまいました。トロステーションは少し毒があって、ネタにしてもよく続くなぁと思うぐらい毎回面白いんですよね。

てなわけで長くなりましたが、任天堂ショックを防ぐためにすべきことは、

  • Wiiのネット接続率増加のため継続的に対策を行う
  • チャンネルをもっと充実させる。Wiiでしか出来ないコンテンツが必要。
  • ネットにつないでいなくても、他のゲームに触れられる機会を作る

ってところでしょうか。まぁこんなの言わなくてもわかってるでしょうから大きなお世話でしょうね。
3番目の「ネットにつないでいなくても他のゲームに触れられる機会を作る」というのは、例えばWiiSportsResortのディスクにどうぶつの森の体験版を仕込んで、勝手に別のチャンネルとして表示してやればいいんじゃないのってことです。いろんなゲームに触れてもらって、「私でもできる」という意識を持ってくれれば、継続的に様々な会社がタイトルを提供する限りユーザも飽きないんじゃないかなと思います。


記事では任天堂にとって2009年が正念場となる、と括られてましたが、正にその通りでしょう。
任天堂も今発表しているものの他に何か仕掛けて来るに違いありません。
・・・と期待して終わりです。


スポンサーサイト

秩序をブっ壊せ!Grand Theft Auto IV

XBOX360 グランド・セフト・オート 4  (Grand Theft Auto IV)(輸入版:アジア)XBOX360 グランド・セフト・オート 4  (Grand Theft Auto IV)(輸入版:アジア)

商品詳細を見る


買いました。GTA4海外版。
梅田ソフマップは品切れだったので、わざわざ日本橋のソフマップまで行ってしまった。
折角なので感想を少々。

英語なので不安でしたが、幸い字幕を付けれたので英語が苦手な私でもなんとか言ってることは分かります。また、ログも表示できるので、後から辞書で調べながら話を追うこともできます。
英語の勉強にもなるかなという下心もあったのですが、スラングが多いので勉強になるかどうかは微妙です…w
まぁ、箱○のネット対戦には役に立つかもしれませんねw

実はGTAシリーズはGTA1を友達にやらせてもらって以来なのです。
なのでグラフィックの進化は・・・
GTA1GTA4
衝撃の一言!
…とまぁ冗談はさておき、3と比べても格段にリアリティが増してますね。いい感じです。

GTA4には非常に完成度の高い世界が広がっています。
高度な物理エンジン、無数のAIたち、だだっ広い街、美しいグラフィック、絶えず変化する時間、天候。

それら全てが融合し、完成するひとつの「世界」。そこに生まれる「秩序」
これはもう芸術品の域。奇跡のバランス。まるで繊細なガラス細工。

秩序立った世界で展開する物語は、高い説得力を持ちグイグイと引き込まれます。

そして!その秩序を破壊するのもまた快感…!
繊細なガラス細工を粉々に砕くように!高く積み上げた積み木を崩すように!
意味も無く!壊す!壊す!ブっ壊す!
完成度が高いからこその破壊の快楽。なんという贅沢!

平凡な日常に生きる人々へ、なんでもありの世界へようこそ。

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。