ばぐだし

XNAとかで面白いもの作る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google AJAX Feed API

スクリーンセーバ作ったら満足して更新が滞ってしまいましたorz

この前Google AJAX Feed APIってのを見つけたのでメモ代わりに記しておきます。

Google AJAX Feed API を使うとブログやホームページにRSSを表示することができます。
別のサイトのRSSも表示できてしまうところがポイントです。

私はコレを使ってホームページのトップに、Google AJAX Feed API を用いてブログのRSSを貼り付けました。
CSSを使って表示形式を自由に変えられるのでHPに合ったレイアウトを自分で作成することができます。
サンプルの時点で結構満足のいくものになっているので、サンプルのCSSに手を加えるなどしてコーディングするとよいと思います。
スポンサーサイト

スクリーンセーバーでかもすぞ!

オリゼーがあまりにかわいいので、スクリーンセーバにしてしまいました。

screensaver


ほっとくと菌がどんどん増えていきますw
休憩して席に戻ってくると、パソコンの中に菌が漂ってたら、ほっとしますよね。(?)

今回のプログラムはXNAというよりWindowsのプログラムだったので
特に希望者がいない限り実装方法等は紹介はしないでおこうと思います。

代わりに駄文を少々。。。
このキャラクターはA.オリゼーというのですが、
こいつはコミックもやしもん(AA)に出てくる「菌」です。
もやしもんは菌が(かわいらしくデフォルメされて)見える農大生が主人公なのです。
キャラクター(菌含む)やストーリーはもちろん面白いのですが、
この本には酒の造り方をはじめとした発酵食品のすごさを教えてもらいました。
不思議なことに、造り方が分かるとお酒もおいしくなるんですよ。(焼酎は未だに苦手ですが)
農学も面白そうだなぁ~と思った工学部学生でした。

だらだら書いて結局何が言いたいかっていうと、オリゼーがかわいいってことです。
以上。

インタラクション2008

大学に機会を頂き、インタラクション2008という学会に行ってきました。

対象分野はこちら
  • インタラクティブシステム基礎(理論,デザイン,モデル,構成,評価技法等)
  • インタラクティブメディア(デザイン,アート等)
  • インタラクションの要素技術(マルチモーダル,言語,感性情報,グラフィクス,アニメーション,エージェント,バリアフリー等)
  • インタラクティブなハードウェア(ウェアラブルコンピュータ,モバイルコンピュータ,ロボット,入出力デバイス等)
  • マルチユーザインタラクション(グループウェア,CSCW,Web,組織知,コミュニティコンピューティング等)
  • インタラクティブシステムの応用(教育,福祉,エンタテイメント,ユビキタス,創造性,電子商取引,ヘルプデスク等)


まぁ人と人やモノと人のインターフェイスに関する研究と思ってくれればOKです。

こめかみスイッチ
ここで発表された研究のひとつ、こめかみスイッチが記事になってますね。
これはウィンクなどの目の操作でiPod等を動かそうという研究でした。
しかし人間瞬きしないと目が乾いてしまうので、誤作動を防ぐためにギュっと目を瞑る必要があるとのことでした。
もうちょっと自然な動作で操作できれば使えるかもしれませんね。
ところで、今回始めて知ったのですがウィンクできない人もいるそうです。


1枚の紙束
次、気になったのは「1枚の紙束」。
電子ペーパーが実用化されるのを見越して、電子ペーパーそのものを曲げたりはじいたりすることでページめくりの操作ができるというものです。
ここで問題なのはページからページへの相対的な移動はこれで出来ても、本全体の3分の1ぐらい、などの絶対的な移動はこれでは出来ないことですね。
まぁ完璧にしなくてもガイドバーをつけるなどすれば済む話なのでしょうが。
しかし電子ペーパーだけでは本をめくる程度の操作しか出来ないのであれば、結局ボタンやタッチパッドなどの補助入力装置が必要になってきそうです。…ならiPodTouchでいいじゃんって話になって、電子ペーパーの立ち位置が分からなくなってきますね。
まぁ薄い・軽い・広いが特徴でしょうから、PodCastした新聞その他を繋いで外で見るってのが一番賢い使い方かなぁ。電子ペーパーを補助出力装置とするって考えると、いろいろ使えそう。


Orpheus:歌詞の韻律を利用したWebベース自動作曲システム
歌詞を入力すると、歌詞の韻律などにあわせて曲を作ってくれるソフトです。
みなさん思い思いに歌詞を入力していましたが、どれもそれなりに曲になっていました。
これを使えば「本の曲」が作れそうでわくわくしますね。
このソフトは裏では実は結構複雑なアルゴリズムが動いてます。
学会では理解しきれませんでしたが。


・・・とまぁこんな感じでおもしろーい研究を多数やってました。
雰囲気は終始明るく、理系のじめじめした雰囲気はカケラも感じられませんでした。
こういう面白い研究に触れると、自分もなんか面白いことできないかなといろいろ考えますよね。
とってもいい刺激になりました。

トゥーンシェーディングしてみた

shionsoftブログさんの記事にトゥーンシェーディングのやり方が書いてあったので、ソースを頂いてやってみました。

moyashi_toon

ついでにオリゼー増加!!!増やすと意外と重かったです。
自分で言うのもなんですが、かわいいですなぁ~。
シェーダ言語はひとつも分からないんですよね。
ちょっとぐらい勉強しようかなぁ。

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。